はじめての一人旅で親友ができた

旅の楽しみの上位に位置する観光やグルメですが、食べ物の好き嫌いが激しく、極度の方向音痴の為、誰かの計画したプランに便乗させてもらったり、社員旅行くらいしか旅行らしい旅行はしたことがありませんでした。通年ですと社員旅行は早朝集合の日帰りだったのですが、設立100周年記念の年には国内ですが一泊旅行になりました。

向かった先は山口県だったのですが、コースに組み込まれていた秋芳洞が幻想的で大変美しく、もっとじっくりとその雰囲気を味わいたいと思い、休暇を利用して自力で行ってみる気になりました。

秋芳洞は総延長が約8,700mの鍾乳洞で、観光用に公開されているのは約1,000m程度ですが、その観光ルートの途中にはいくつも名所となるスポットが点在し、それぞれが違った魅力に溢れています。

洞窟内をゆっくりと歩き、名所では自然の作った不思議で幻想的な形を思う存分見て楽しんでいたのですが、街中を歩くのと違い、ちょっと疲れてしまったので、特に気に入ったスポットで休憩をしていました。するとやはり傍で休憩していた方から声をかけられ、暫く雑談をしていたのですが、非常に好感の持てる方でしたので、連絡先を交換することになりました。

連絡先を見てビックリです。お互いの自宅を徒歩で訪ねられる距離に住まわれている方でした。旅行から帰ってからは頻繁に会うようになり、時には旅行好きの彼女に同行させてもらうようになりました。同じ場所を好んで休憩していたくらいですから趣味も近く、今では一番の親友になってしまいました。